国乱れて忠臣見わる

誰かの日記で「誰が国を守れるんだろう」

みたいな心配をする記事があったが、

「誰が国を守れるか」はっきりするような時は

「既に国が危ない」国難の時期な訳で。

そんな時代より、ウヨだサヨだと「身内」で足を引っ張り合っている

「平和」な時代の方が遙かにマシだ、と言い切ってしまう自分は

完全に「老荘思想」の徒だなぁ、と思ってしまう訳です(笑)。

■稲田防衛相「反省すべき点多々あった」 日報問題で辞任

(朝日新聞デジタル - 07月28日 11:23)