中国の政権も安倍政権も基本は同じですね!

 中国の政権が、自己保身のために、民主化運動の芽を根絶やしにするための動きのように見えます。香港問題も、同じ流れの中にあるようですね。一党独裁の恐ろしさを感じます。

 本人や家族の意思や希望がどの程度反映されているのでしょうか?それすら表明出来ない状況なのでしょうか?

 靖国神社問題も同じように感じております。安倍首相をはじめとし、参拝を続ける国会議員の方々は、「国のために命をささげた英霊に、、、」と必ず言います。しかし、戦前の軍部の推し進める戦争推進のための洗脳教育を受け、戦地に追いやられ、戦死させられた兵士たちも少なからずいるでしょう。

 特攻隊を美化する集団もおります。若き少年を死に追いやった政権サイドに立つ人たちは、「英霊」と呼んで敬意を表する形を取らなくては、次の戦争時に兵士を戦地に送ることが出来ないと考えているのでしょう。

 権力を握り続けたい人間がやる事の基本的な考え方は同じなのでしょう。

【以下ニュース引用】

劉暁波氏の遺骨、海に 兄「家族で相談して決めた」

(朝日新聞デジタル - 07月15日 21:02)