共食い

ナショナル ジオグラフィックの記事によると、

イモムシに食べられそうになった植物は、防御反応として

自分の味をひどく悪くする物質を発することがあるそうです。

イモムシは、あまりのまずさに思わず仲間のイモムシを食べてしまう様で、

その防御効果は極めて高く、イモムシは葉を食べることにストレスを感じるようになり、

こんなものを食べるよりは仲間を食べたほうがましだと思ってしまうのだそうです。

ウィスコンシン大学の研究者の論文によると、

同種のイモムシを共食いに走らせるこのような防御方法は、これまで知られていません。

研究チームは、植物の防御メカニズムを引き出すため、

化学物質ジャスモン酸メチルをトマトの木に散布し、

そこにガの仲間であるシロイチモジヨトウの幼虫を配置。

ジャスモン酸メチルは、損傷など植物がストレスを受けたときに発散する物質。

そのトマトは、自身の化学成分を変化させ、イモムシがそれをまずいと感じるようになります。

この防御反応は、ほかの様々な植物でも記録されています。

植物は、近くにある他の植物が攻撃されているのを感知する能力があるそうで、

攻撃を感知すると、周囲の植物全体がジャスモン酸メチルを発散するそうです。

ほとんどの植物は、周囲の環境から得られる情報を利用し、その情報を基に、

植物は自分たちの資源を自己防衛や他の目的に振り分けているようです。

ジャスモン酸メチルは植物の味を悪くさせるだけではなく、

イモムシの天敵や寄生者をおびき寄せる効果もあるそうです。

イモムシは共食いする前にそれを食べるのかについては検証されなかったので、

次にイモムシに選択肢を与えるようなより広い設定のもとで実験を行っても

共食いの傾向はさほど変わらない様子だそうです。

不味いから共食い、何だか究極の選択ですが、

イモムシ自体は草食だと思うのですが、食性まで飛び越えるのですね。

人間に振り掛けたら、蚊とか共食いする物質とか無いですかね。

広告を非表示にする