薬の在庫チェックをしたけどどこにも出掛けぬ

この時期、体調を崩されているブロガー様が多いようでそうでもないか。

まぁまぁ、1年を通じて紫外線の強い時期ですので、

眼から入る刺激がストレスになりの、

高い湿度でストレスを感じの

気温の上昇で、冬眠から覚めた人間の身体が、感覚(知覚)過敏になりやすく、

交感神経と副交感神経が不仲になりの、

歯がしみたり、消化器系を始め、あっちだこっちだに

痛み刺激を感じやすくなってませんでしょうか。

まぁ、この時期と、秋は11月は試練ですねぇ。

特に毎年この時期は全身イタイイタイ病なんじゃないの

ってくらい、あんな薬やそんな薬を使用しても、イマイチ効果を感じられませぬ

薬バックと言えば、いつぞやにいつも持ち歩いているビジネスバックのを

ブログに致しましたが、今回は山や国内、海外旅行に同伴の小バックを

遥か昔に、ミスドでもらった小バック

八幡屋礒五郎の七味缶アルクマ缶と大きさを比べて頂ければ、

そのシンプルさが分かるかと

中には、コブクロに入れた薬剤がギッチリ

う〜ん、コブクロと言えば、蕾かなぁ

コブクロ、この頃見掛ませんよねぇ、好きなのになぁ

話は戻ります

ばらっと全部出して点検をするざんす

いつだか、ビジネスバッグ編をブログにして、

18種類だか入っていたようですが内容物はほぼほぼ同じですので

そちらに薬の種類とご活躍の場面を記載しておりますので、今回は簡単に

ほぼ、薬剤の種類は同じですからねぇ

血圧系おいおい循環器系とか洒落た名前で頼むぜ3剤

アロチノロール塩酸塩5おかげさまで、脈拍50台、血圧130台

アムロジピン5その血圧130台のお手伝い

ノルバスク2525って必要かい

風邪薬系良いのか、そんなネーミングで4剤(フスコデはポイっとしたので、4剤)

ロキソニン60ロキソニンはもっと欲しいよねぇ。

バファリン(市販)のどの痛みだけの時はコレだけで

鼻炎薬(市販)眠くなるんだよねぇ

メジコンスキーや夏山で冷気をダイレクトに吸い込むと咳が止まらなくなるので必須

フスコデ余りにも古いので廃棄

あっ、トランサミンをここ数年入れていないですねぇ。

消化器系(5剤)上部消化管用の薬、3剤を下ろしております。

海外に行く際には搭載いたします。

左から

ロペミン特に夏に冷たい物の飲食でお腹がピーピー騒ぎ出した時に

ガスコンお腹にガスの溜まる、ガス型過敏性腸症候群になっちまったら

ナウゼリン食あたり、ノロウイルスの襲撃などでの急な吐き気に

ストロカインしゃっくりを止めるのに良いかと思ったけど決定的な効果無く

ファモチジンあっ、胃酸関係の薬は要らないのでおろそーっと。

遺産は欲しいですm()m

あれブスコパンが入っていないぞい

入れた方がよろしいかしらん多分飲む機会が無いですけど

脳みそ直撃系いけね、イリボーを消化器系グループに入れ忘れた。(6剤)

イリボー大活躍中(案外、一番効き目を感じる薬かも)

でも、この頃、その効き目が危うく感じることもなんだか、チクチク痛いぞい

ソランクス使わないねぇ(処方後3年以上選手)

リーゼ使わないねぇ(もぅ、処方後5年以上選手)

デパスコーヒーの種類によってイライラする事があるので、その際大活躍。

カフェインの影響いやいや、コーヒーに含まれるなにかの物質の影響なのでしょうなぁ。

ちなみに、デパスを服薬して眠くなるブロガー様が多いようですが、

まったくもって眠くなったことがありませぬ。逆にオメメパッチリ

なんでなん

ドグマチールえぇ〜っと、食欲不振時等に

って、食欲不振時は食べなければ痩せられるチャンスなのに

メイラックス汎用性あり

以上、どれを服薬しても、

高所恐怖症には効果なし!

北アルプスの鎖場、ハシゴでも効果がありませんでした。チーン

ヌリヌリ系2剤

ビスオ軟膏口角炎用の薬でしたが、顔の湿疹に使ってます

デキサルチン口腔用軟膏口内炎に効きまっせぇ〜

あれ、賞味期限が2017年4月になってるまぁ、こんなん良い方で

その、左側の口角炎顔の湿疹用のビスオ軟膏ですが、

写真では分かりづらいかと思いますが、

賞味期限が2005年7月なんですよねぇ。

まぁ、効くので、いっか

って、賞味期限から12年も経っているじゃないのぉ〜

これを処方した皮膚科無くなっちゃったし

新しいのが欲しいなぁ〜

なんでもありーの系4剤

風邪薬はパブロンゴールド微粒

テルモの体温計(この頃、電池の持ちが厳しい)

浅田飴ののどクールスプレー(小林製薬ののどぬーるスプレーより効く気が)

プリザ軟膏夏はお尻が汗などで痒くなる

プリザ座薬夏山に行くとイボ痔になりますよねぇ

(どういう同意の求め方)

プリザ軟膏の上に写っている軟膏はオマタが痒くなった際に塗る非ステロイド軟膏

ここまでで、24剤でございますなぁ。

24剤の数え方がちょっと違うかもです。

昔は30剤は入っていたので、少なくとも6剤は足りぬ。

なんだろー

おそらく、mimisuke7様がとを持っていた方が良いよと

天の声を指し延ばして下さるはず。

なにか大切なお菓子を入れていないぞー

入れ忘れているぞー

耳栓(山小屋などの宿泊に必須。公共交通機関内で子どもの騒ぎ声に有効)

目薬

ガラケーの予備バッテリー(docomoでの生産終了したので、どこぞの通販で購入)

そんなんを入れた小バックが、登山用のザックの最上部に

丁度良いサイズで入りますので、これ以上薬バックは大きく出来ないのです。

夏山などで、こげなザックを背負った好青年を見掛ましたら

痔の薬でしたらプレゼントをします()

(他の薬剤は医師法薬事法に抵触する事がありますので、臨機応変に)

自宅待機中の薬剤ですが

ネキシウムにモサブリドを始め、

上部消化管関連の薬剤もあるにはありますよん。飲まないけど

そして、消化器系最後の砦

タイ、ベトナムを始めとするインドシナ半島渡航用に待機チウの

(いつまで待機をするんだか)

クラビット5007

概説細菌を殺菌するお薬です。細菌が原因のいろいろな病気に用います。作用働き

感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。腫れや発赤を生じ、ときに化膿し、痛みや発熱により苦痛をもたらします実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあるのです。

病原微生物には、細菌やウイルス、真菌カビなどが含まれます。このお薬が有効なのはおもに細菌による感染症です。グラム陽性菌や陰性菌をはじめ、クラミジアマイコプラズマ、レジオネラという細菌にも有効です。病原菌が死滅すれば、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、熱があれば解熱します。

尿路感染症をはじめ、呼吸器感染症、皮膚感染症、また耳鼻科領域の感染症などに広く用いられています。本来、インフルエンザを含め一般的なウイルス性のかぜには無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のために処方されることがあります。

薬理細菌の遺伝情報物質DNAの複製を妨げることで、殺菌的に作用します。特徴ニューキノロンと呼ばれる抗菌薬です。旧来の抗菌薬に比べ抗菌力が強く、いろいろな細菌に有効です。病巣への移行がよく、飲み薬では治療の難しかった難治性の感染症にもよい効果を示します。副作用も少ないほうで、ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギーのある人でも使用可能です。ニューキノロンのなかでも、とくに抗菌活性が強く、呼吸器感染症の治療に適しているものをレスピラトリーキノロンと細分類することがあります。抗菌スペクトルが広く、呼吸器感染症の主要原因菌である肺炎球菌をはじめ、ペニシリン系など一般的な抗生物質が効きにくい肺炎マイコプラズマや肺炎クラミジに対しても有効性を示すのが特徴です。このため、従来品のオフロキサシンタリビッドから処方が移り、国内でもっとも使用される抗菌薬の一つとなりました。注意診察で持病やアレルギーのある人、また妊娠中の人は、医師に伝えてください。服用中の薬は、医師に伝えましょう。

注意する人てんかんなどけいれん性の病気、重症筋無力症、あるいは重い心臓病のある人は、病状の悪化に注意するなど慎重に用いるようにします。60歳以上、ステロイド薬との併用時、また臓器移植を受けた人においては、アキレス腱障害の副作用が出やすいとされます。腎臓病のある人や高齢の人は副作用がでやすいので、服用量、服用間隔などに配慮が必要です。ふつう、妊娠中の女性や小さい子供には用いません。飲み合わせ食べ合わせフルルビプロフェンフロベンなど一部の鎮痛薬との併用で、けいれんを起こしやすくなります。アルミニウムやマグネシウム分を含む胃腸薬制酸剤と同時に飲むと、この薬の効き目が落ちてしまうかもしれません一定の間隔をあければ大丈夫。また、抗結核薬のデラマニドデルティバなど不整脈QT延長を起こしやすい薬剤と併用する場合は、定期的に心電図検査をおこなうなど不整脈の発現に注意が必要です。飲み合わせに注意鎮痛薬NSAID、胃腸薬(アルミニウム、マグネシウム分を含む制酸剤)、鉄剤、ワルファリンワーファリン、不整脈QT延長を起こしやすい薬剤など。使用にあたり症状により、また製剤により飲み方

が違います。原則、従来品錠100mgは1日2〜3回、新薬の高単位製剤錠250mg、錠500mgは1日1回だけ服用します。決められた飲み方を守りましょう。指示された期間きちんと続けてください。症状によっては、少し長めになるかもしれません。自分だけの判断で止めてしまうと、再発したり治りにくくなるおそれがあります。食生活まれなケースですが、精神変調や意識障害を起こすことがあります。車の運転をふくめ危険をともなう機械の操作、高所作業のさいは念のため注意してください。効能適応菌種

本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、モラクセラブランハメラカタラーリス、炭疽菌結核菌、大腸菌赤痢菌、サルモネラ属、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラモルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌コレラ菌インフルエンザ菌緑膿菌アシネトバクター属、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、アクネ菌、Q熱リケッチアコクシエラブルネティ、トラコーマクラミジアクラミジアトラコマティス、肺炎クラミジア(クラミジアニューモニエ)、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマニューモニエ)

適応症表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡化膿性炎症を伴うもの外傷熱傷および手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍咽頭喉頭炎、扁桃扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎急性症、慢性症、精巣上体炎副睾丸炎、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラバルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎炭疽ブルセラ症、ペスト、野兎病、肺結核及びその他の結核症、Q熱用法一般従来品

通常、成人は、レボフロキサシン水和物として1回100mg錠1錠または細粒1gを1日2〜3回経口服用する。

なお、感染症の種類および症状により適宜増減するが、重症または効果不十分と思われる症例にはレボフロキサシン水和物として1回200mg錠2錠または細粒2gを1日3回経口服用する。

レジオネラ肺炎については、レボフロキサシン水和物として1回200mg錠2錠または細粒2gを1日3回経口服用する。

腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシン水和物として1回100mg錠1錠または細粒1gを1日4回、14日間経口服用する。

炭疽ブルセラ症、ペスト、野兎病、Q熱については、レボフロキサシン水和物として1回200mg錠2錠または細粒2gを1日2〜3回経口服用する。

注意1本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。注意2腸チフス、パラチフスについては、注射剤より本剤に切り替えた場合には注射剤の投与期間も含め14日間投与すること。注意3炭疽の発症及び進展の抑制には、欧州医薬品庁(EMA)が60日間の投与を推奨している。注意4長期投与が必要となる場合には、経過観察を十分に行うこと。錠250mg、錠500mg、細粒10通常、成人はレボフロキサシンとして1回500mg(錠500mg1錠、錠250mg2錠、もしくは細粒105g)を1日1回経口服用する。なお、疾患症状に応じて適宜減量する。

結核及びその他の結核症については、原則として他の抗結核薬と併用すること。

腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして1回500mg(錠500mg1錠、錠250mg2錠、もしくは細粒105g)を1日1回14日間経口服用する。注意1本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。注意2本剤の500mg1日1回投与は、100mg1日3回投与に比べ耐性菌の出現を抑制することが期待できる。本剤の投与にあたり、用量調節時を含め錠250mg及び細粒10を用いる場合も分割投与は避け、必ず1日量を1回で投与すること。注意3腸チフス、パラチフスについては、注射剤より本剤に切り替えた場合には注射剤の投与期間も含め14日間投与すること。注意4炭疽の発症及び進展の抑制には、欧州医薬品庁(EMA)が60日間の投与を推奨している。注意5長期投与が必要となる場合には、経過観察を十分に行うこと。注意6腎機能低下患者では高い血中濃度が持続するので、下記の用法及び用量を目安として、必要に応じて投与量を減じ、投与間隔を\xA4

△韻禿衢燭垢襪海箸ⓚ召泙靴ぁ\xA3

腎機能20Ccr50mL/min初日500mgを1回、2日目以降250mgを1日に1回投与する。

腎機能Ccr20mL/min初日500mgを1回、3日目以降250mgを2日に1回投与する。

用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。

副作用副作用は少ないほうです。もし、発疹がでたり下痢が続くときは、早めに受診してください。そのほか、この系統に特徴的な光線過敏症を起こす可能性があります。日光に当たった皮膚が発赤したり、ひどいときは水ぶくれができたりします。皮膚の弱い人や長期服用時は、できるだけ直射日光を避けたほうがよいでしょう。

重い副作用は頻度的にほとんどありませんが、特異な副作用として、けいれんとアキレス腱障害が知られています。そのほか、横紋筋融解症や低血糖不整脈の報告もあります。これらは、きわめてまれな副作用ですが、薬の排泄が遅れがちな高齢の人や腎臓の悪い人などは、念のため注意が必要です。

重い副作用めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

ショック、アナフィラキシー気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷えしびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。重い皮膚粘膜障害発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。けいれんめまい、頭痛、ふるえ、手足のしびれ感、筋肉のぴくつき、意識低下、全身けいれん。重い不整脈動悸、脈が1分間120以上または50以下、脈が弱い、胸苦しい、だるい、めまい、失神。腎臓の重い症状尿が少ない出ない、尿の濁り泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。肝臓の重い症状だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。重い血液成分の異常発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血血豆青あざや鼻血歯肉出血など出血傾向。肺障害間質性肺炎など息切れ、息苦しさ、から咳、痰、発熱。大腸炎激しい腹痛、下痢、発熱、血液便、下血。横紋筋融解症手足のしびれけいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。低血糖力の抜けた感じ、\xA4

佞襪─△気爐院∉椅€⇔笋箚澄〻唎ざ曛〴供∉ⓓ法⌆坩卒供⊋任Ⅰぁ¬椶里舛蕕弔①▲ぅ薀ぅ蕁¬乙ぁ△椶鵑笋蝓◀気蕕暴鼎唎覆襪函"枉錣文斉亜△韻い譴鵝∈Ě膂媼韻❹覆唎覆襦↗▲⑤譽合П蝓∝⎿芭槵▲⑤譽合Ъ鯁佞猟砲澆篌陲譟△爐唎漾8験弌∈㽲靄榲槪任呂覆だ爾箍擦ⓙ垢海┐襦⊆尊櫃砲い覆っ遒籠以Ě佑ⅳǂ┐襦⌅鷂充造並慮魁∈儞霈暍屐⊆茲衢陲后2疉卆Ⅲ豐姫衄坰\xAE、腹痛、関節痛、紫斑青あざ、斑状の発疹。重症筋無力症の悪化まぶたが下がる、力が抜ける、動作が鈍るその他発疹、じん麻疹、光線過敏症。下痢軟便、吐き気。めまい、頭痛、眠気。

これ、タイで水あたり、食あたりをした際に効くのでしょうかねぇ

ベトナムでチェーを飲んでヒットした人は余り聞きませんが、

タイに行ってドリンク系(特に氷)でヒットをした方は沢山いますからねぇ。

プールの水をゴックンしただけで、ヒットとかも

わんだーらんど、たいらんど